やっぱり北欧フィンランドの生地!アルテックシエナでリビングがイメチェン


先日、2点購入した北欧生地クッションカバーのうちの1つ。

フィンランド生地はやっぱりステキ。

さっそくお部屋でいい感じに存在感をアピールしてくれてます。

クッションカバー変えるだけでもお部屋が生き返る感じ?(笑)

スポンサーリンク

↓我が家に到着した、フィンランド製生地クッションカバー!ワクワク。
北欧ファブリック
■私がアルテックシエナのクッションカバーを購入したショップはここ⇒インテリア雑貨プロヴァンスの風

メール便選択で送料無料でした!わーい。ほんの160円のメール便でも無料になれば、すごい嬉しいですよね^^

 

フィンランド生地

メール便だけど、やはり4日後には到着してくれて、嬉し。綺麗に折りたたまれて届きましたよ。こちらもシナマーク社のクッションカバーと同じく、クッションを入れた際には折りたたみジワは全く気にならずで、感謝感激^^

 

 

アルテックシエナ生地

ホワイトと赤のコントラストがすごく効いてますよね?レッドは朱系ではなく落ち着いたワインレッドの方に近いので、大人雰囲気のインテリアにしたいわが家にはピッタリです。

 

アルテックシエナのカーテン生地

ナチュラルなテイストのインテリアにもマッチするし、さすがは北欧生地!と思ってしまいます。お高いだけのことはありますね^^;思い切って購入してよかったです。丈夫なカーテン生地で作られているそうだから、アクタスと同じく長持ちもしそうです。

 

 

北欧のクッションカバー

同じ北欧ファブリックでも違うブランドのアルテックとシナマーク社のクッションカバー。このシナマークのクッションカバーは、北欧スェーデン製。今回のアルテックのシエナ生地はフィンランド製なのですね。

■シナマークのクッションカバーが到着したときの様子⇒注文した北欧ファブリックのクッションカバーシナマーク到着!

同じホワイトの部分でも、アルテックのシエナは、真っ白。一方、シナマーク社の生地はアイボリーっぽいオフホワイトですよ。

ちょっぴりテイスト違うけど、しっかり馴染んでいます。リビングにいっしょに置いても喧嘩しないイメージ。大丈夫ですね。

 

アルテックシエナのクッションカバー購入

中身のクッションはアクタスの羽毛クッションなので、そのままに。クッションカバーだけ模様替えしたんですよ。

■模様替え前のアクタスのクッションはこちら⇒アクタスから北欧デザインのクッションカバーに模様替えしたい!

クッションカバー変えただけでも、全然お部屋のイメージ変わっちゃうから嬉しいし楽しい!

お部屋の模様替え、少しずつやっていきたいです。といっても、片付けや断捨離が先かな~汗

ちょっとファブリック変えただけでも、テンションあがっちゃいますよね?

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る