ほったらかしでも大丈夫!クリスマスローズにムスカリでお部屋を春色に飾る


手入れの行き届いていないお庭は、春の草が元気いっぱい(笑)。

そんな庭の片隅で元気に今年も顔を見せてくれてるお花たち。大好きなクリスマスローズムスカリ

クリスマスローズは、元気な球根でいてもらうために、お花を切り取ったほうがいいんですよね。

とは分かってても、お庭の向こう側にあるクリスマスローズをなかなか切りに行けず、すっかり種ができる状態に(汗)。

スポンサーリンク

 

 

クリスマスローズの地植え

2株だけ地植えにしたクリスマスローズ。すっかり大株となって、たくさんのお花をつけてくれるようになりましたよ。もうかれこれ、植えてから10年以上になると思います。地植えだとお手入れが必要なくって楽ちん。特別な育て方ってしてないです。植えた当初に肥料をやったくらい。

 

クリスマスローズの花言葉

クリスマスローズの花言葉はいろいろあるみたいですよ。

 

【クリスマスローズの花言葉】

追憶、慰め、私を忘れないで

私が好きな花言葉は、「自然のままに」。気分を明るくしてくれる飾らない美しさが感じられませんか。

ところで、このクリスマスローズの花びらはほんのりピンクがかっていますよね。

 

クリスマスローズの育て方は

それが、クリスマスローズの花盛りを過ぎて雄しべがすっかり落ちてしまうと、写真のように、花びらがグリーンぽくなるのです。

上の、花瓶にクリスマスローズを飾ってみる写真でもわかりますよね。グリーンっぽいクリスマスローズの中に、ちょっとだけピンクっぽい色のクリスマスローズ。

ほんのり甘すぎないピンク色も愛らしいけど、グリーンの花びらも雰囲気がガラッと変わって魅力的。

クリスマスローズの花は、2度お花の色を楽しめるんですね。

 

ムスカリの花

こちらも、毎年お庭で元気に春一番を知らせてくれるムスカリ。ほったらかしなのに、申し訳ないくらい可愛らしいです。自然の紫ってこんなに美しいのね~といつもハッとさせられます。

あえてアンバランスな、ムスカリの頭だけちょこんと出る高さの小瓶に活けてみたら、あら、かわいい!

 

ムスカリの育て方

【ムスカリの花言葉】

ダンディー、通じ合う心、明るい未来 など

「明るい未来」がムスカリには似合ってる気がするなあ。どーです?

春のお花を横目に、日記買いたり、読書したり、春を楽しんでみませんか。

 

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る